【ルシヨン地方】カーヴ・アピコル

環境学者で地質学研究をしていたフランソワと獣医だったソフィーが、モンペリエから西に50㎞ほどの山の中で7頭の羊と30ヘクタールの牧草地に暮らし始めたのは2003年のこと。もともと変化に富んだ素晴らしい土壌の樹齢50年でまさに引き抜かれようとしていた古い畑を入手、それを10年近くかけて完璧なビオに転換、醸造所を新たに作り、今や完璧な自然環境の中で、ワイン造りをしています。当初はそのつもりはなかったという羊の飼育も環境の良さを生かして今では30頭に増え、二つの仕事をバランス良くこなすので、ストレスも少ないというフランソワ。ナチュラルなワインも、そんな環境とストレスフリーのなせる業!?

Tangerine'12
タンジェリン’12

大ファンというレッドツェッペリンの曲名と柑橘系の香りがすることから名付けたタンジェリン(みかん)。ミネラル感と果実味が程よく、低収穫量にすることでしっかり凝縮感も感じられます。旨みのある白ワインです。

'15¥3400

●ルシヨン地方 V.D.F. ●シャルドネ75%、ソーヴィニヨン・ブラン25%

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・中重 ¥3,800(税別)

GORGORLOU'11
ゴルゴルルー’11

樹齢120年のカリニャンで造られる柔らかな口当たりの赤です。樹齢が高いので収穫量は10hl/haとびっくりするくらい少し!でも、だからこその凝縮感。優しいタンニンの中にギュッとつまった果実味が心地よい、いくらでも飲めそうな味わいです。

'13\3800

●ルシヨン地方 V.D.F. ●カリニャン100 %

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・中重 ¥3,600(税別)

Plein les Ceps13
プレイン・レ・セップ’13

程よいボリューム感と豊かな果実味で飲み口のまろやかな赤。南のグルナッシュによくあるポッテリした厚みではなく、バランスの良いタンニンと酸、果実味の三位一体感が人気です。

●ルシヨン地方 V.D.F. ● グルナッシュ・ノワール100%

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・中重 ¥3,100(税別)

Carbo Culte'13
カルボ・クルト’13

ボリューム感がありながられガントさもあるピュアな印象の赤です。このワインに50%使っているリャドネール・ペルトはグルナッシュの一種で、もともとスペインの品種でしたが中世の頃、コンポステラへの道の巡礼者がフランスに持ち帰ってラングドックに根付いたとされています。ワイン名はゲインズブールの曲のタイトル「カルゴ・クルト」をもじって。

●ルシヨン地方 V.D.F. ●リャドネール・ペルト50 % ムールヴェードル50%

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・中重 ¥3,400(税別)

Pink us not red'14
ピンク・イズ・ノット・レッド’14

赤い果実やスパイス、フレッシュなグリーン…、複雑なニュアンスのあるユニークなロゼです。余韻が長く、ワインだけでも楽しめる、後を引くおいしさです。

●ルシヨン地方 V.D.F. ●グルナッシュ30% シラー35% カリニャン35%

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・中重 ロゼ ¥2,800(税別)

Java'15
ジャヴァ’15

JAVAというのはパリでは大衆的なダンスの名前でもあり、faire la javaというとどんちゃん騒ぎをするという意味なのだとか。このワインを造るにあたり、とても苦労したのですが、出来上がったらとても良いワインに仕上がったので、嬉しくてこの名前にしたとのこと。きれいな酸tミネラルが心地よく、アロマてぃくで華やかな香りが楽しい1本。

●ルシヨン地方 V.D.F. ● ミュスカ50% アレクサンドリ50%

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・軽め ¥2,600(税別)
LUNCH 月~金 11:30〜13:30(L.O.) 平日のみ DINNER 月~木 17:00~22:00 (L.O) 金 17:00~2:00 (L.O) 土 16:00~22:00 (L.O.) CLOSE 日・祝