【ラングドック地方】ドメーヌ・ラ・フォンチュード

環境学者で地質学研究をしていたフランソワと獣医だったソフィーが、モンペリエから西に50㎞ほどの山の中で7頭の羊と30ヘクタールの牧草地に暮らし始めたのは2003年のこと。もともと変化に富んだ素晴らしい土壌の樹齢50年でまさに引き抜かれようとしていた古い畑を入手、それを10年近くかけて完璧なビオに転換、醸造所を新たに作り、今や完璧な自然環境の中で、ワイン造りをしています。当初はそのつもりはなかったという羊の飼育も環境の良さを生かして今では30頭に増え、二つの仕事をバランス良くこなすので、ストレスも少ないというフランソワ。ナチュラルなワインも、そんな環境とストレスフリーのなせる業!?

Entremonnde'12
アントルモンド’12

最初に収穫するアラモンを入れた発酵槽に次に収穫するカリニャンを加え、その上にグルナッシュ、一番上にはサンソーを加えて一緒に発酵をするというユニークな醸造法は、テロワールの香りを大切にしたいという思いから。しっかりした骨格を持ち、ボリュームもあるのに飲み口が優しいので、飲み疲れしないのが特徴です。

●ラングドック地方 V.D.F ●カリニャン70% グルナッシュ アラモン サンソー

テイスト 種類 価格
自然派 辛口・重め ¥2,800(税別)
LUNCH 月~金 11:30〜13:30(L.O.) 平日のみ DINNER 月~木 17:00~22:00 (L.O) 金 17:00~2:00 (L.O) 土 16:00~22:00 (L.O.) CLOSE 日・祝